ツァイトプンクト = ドイツ語で「時点」。

 

ツァイトプンクト オオサカは、時代の先端をゆく創造活動「現代音楽」が 社会にもたらす無限の可能性を幅広く示し続けます。

ジャンルや既成概念を超えた価値観の創造が この社会をより多面的で豊かにするということを 先陣を切って表現し続けます。

 

現代音楽×オオサカ!?

 

かの千利休を生んだ大阪。

文化というものをお高くまとめず庶民の手に持たせる余裕が大阪にはまだ感じられ、そこが大阪の文化力の強みでもあります。

 

大阪人には相手から投げかけられたボールをきちんと受け止めリアクションする、愛に溢れた風習があります。

(見知らぬ人に撃たれても死んだふり、551があるとき~)

現代音楽という速くてかたーいボールは、ここ大阪でまだ投げかけられていません。

それは大阪人がマジメで小難しいものを嫌うから?いや、ただの食わず嫌い?

 

私たちは大阪ならではの現代音楽の発展を目指しています。

だって現代音楽はマニアックでもアカデミックでもなく、生身の人間が創り出す真に《おもしろい》芸術だから。

 

ZEITPUNKT OSAKA主宰 竹内 あすか